消しゴムの利用

革の財布は扱いが難しい製品の一つですが、汚れが付いてしまった時の処置方法としてお勧めしたいのが消しゴムの利用です。もちろん日頃から防水スプレーを掛けておくことも大切なのですが、それでも日々の使用で付いてしまう汚れに対しては消しゴムを使って取り除くのも有効なのです。

消しゴムといっても文房具店で売られているものではなく、革製品用の消しゴムを指します。この消しゴムを使えば軽い力で汚れが落ちます。ところで以上のような処置はどちらかと言えば神経質な人が行うものであり、本来革製品はそれほど細目にメンテナンスする必要がありません。乾燥させるのは禁物ですが、油分が失われない限り、つまり日常的に触っている限り、多少の汚れは放置しても一種の味わいと見做すことが出来るからです。

もちろん多汗症の人が革を扱うなどすれば問題も生じるでしょうが、ほとんどの人は少し黒ずんだ革を誇らしげに使用するものです。ではメンテナンスが必要かどうかを判別する基準はあるのでしょうか。筆者が思うに、数年間放置した皮製品については、その乾燥の程度を吟味してから処置すべきです。例えばずっと触っていない革の財布は表面の油分が消失し、危険な状態に陥っています。このような財布に対しては、次のような処置が推奨されます。まずブラッシング、水拭き、クリームの塗布を実施します。財布の表面は特に拘りが無ければ光沢を出す必要も無いため、これだけで十分なのです。

一部の情報源には幾つかの方法論が最適であるかのように書かれていますが、あまり信じ過ぎないように心掛けましょう。革の状態は所有者によって全く異なりますから、一概に最適な処置方法を決められるものではないのです。

【使い込んでこそ好みに育つ】EVERYDAY レザーライフTOPへ