管理人より

こんにちは、にしのです。

私はこれまで革製のトートバッグを購入したことがなかったのですが、雑誌で革のトートバッグについて特集が組まれていたので少し気になり店頭に行くことにしました。

私は男性がもつ革のトート特集が組まれていた雑誌を頼りに、初トートバッグに挑戦してみました。店頭では、黒のコードバンの革財布も気になったのですが、予算の関係上、黒の革トートに、まず初トライしてみました。

フランス産のレザーを特注で使用している1品であるようで、素材へのファーストタッチで、すでに一目ぼれ状態でありましたので、迷いはなかったのですが、あまりにソフトなレザー素材でしたので、型崩れが気になったところ、ショップ店員さんに質問してみると、ブランド独自のマチの加工が施されているとの事で、見た目や質感からは想像できないほどのホールド力を兼ね備えているそうです。

生後6カ月以内の仔牛の革を使用しているという点が、製品の特徴としてのアピールポイントでるようですが、このポイントが、一目ぼれするほどのソフトなレザータッチを生み出しているようです。店員さん曰く、仔牛の革を使用したレザー製品は、全般的に希少価値が高いので流通量が少量の為、社内や街中で、同様のトートがカブる確立が非常に低いとのことでしいた。また、同じトートをもった人をみかけたら、ラッキーに当たったと受け止めて下さいとアドバイスまで頂きました。

雑誌の特集記事にピックアップされていたレザートートでしたので、街中でどなたかとカブるかもしれませんが、レザー製品は、一期一会であるという店員さんの鶴の一声に、思い切ってフランス産の革のトート御買い上げしてみました。また、コートバンの黒革財布も、まちがいない名品であると聞いたので、次のボーナス時に、検討したい1品であります。

当サイトでもこのように皆さんが革製品の魅力を感じ、また新しい出会いが生まれることを願っています。

革製品にまつわる様々な記事を掲載していますので是非一読ください。

【使い込んでこそ好みに育つ】EVERYDAY レザーライフTOPへ